このページの先頭です

脱毛に行くべき?男性がムダ毛を自己処理することの4つのリスク

302views

投稿日:

肌が荒れてしまう

メンズ脱毛サロンに行くことなく、男性が自身のムダ毛を自己処理することのリスクとしてまず言えるのは、やはり肌が荒れてしまうということでしょう。男性の肌は、決して強いものではありません。むしろ男性の方が女性よりも肌が乾燥していることが多いと言えるでしょう。

肌が乾燥しているということは、その分だけ肌は刺激や痛みに弱い状態にあると言えるのです。そんな風に刺激や痛みに弱い状態にある肌に対して、自己処理の際にはカミソリなどを滑らせて行くことになります。

髭の自己処理ならば顔に、すね毛の自己処理であればすねにそうしてカミソリを滑らせていくと、毛だけではなく、その毛が生えている箇所の皮膚の表面までを削ってしまうことがあります。脱毛サロンの脱毛と比較すると、それは決して強い痛みを感じるようなものではありませんが、肌に傷がつくことは確実です。

傷がつくと当然そこからは血が出ていったりもするでしょう。そして、血が出るだけではなく、肌が削れているわけですから、見た目もぼろぼろになっていきます。

男性はケアも甘いので回復も期待できない

そんな風にして出来上がったボロボロな肌に対しては、やはりしっかりとしたケアが必要になります。ですが、男性と言うのは、女性と比較するとあまり肌のケアはしないものだと言えます。化粧水くらいはつけるかもしれませんが、乳液やオイルなどをつけるという方はほとんどいないのではないでしょうか?

でも、そうしてあまり乳液やオイルをつけないでいたら、やはりそういう深いダメージの肌は回復していきません。むしろ、自己処理はこれからもしないとならないわけなのですから、そのダメージはドンドン蓄積されると言えます。

と言うことはつまり、ますます肌が荒れることになるのです。メンズ脱毛サロンで脱毛せずにムダ毛の自己処理を続けていると、いつしかそうして肌はボロボロになってしまうでしょう。

処理の精度にムラが生じてくる

メンズ脱毛サロンでムダ毛を処理してしまえば、ほとんど自己処理の必要が無くなります。自己処理の必要が0になるには、やはりそれなりの回数通わないとなりませんが、4回5回いけば、自己処理の回数はかなり減るでしょう。それはつまり肌にムダ毛が目立たないような、綺麗な状態を長い間キープできるようになるということになります。

しかし、メンズ脱毛サロンで処理をするのではなく、自己処理をしている場合では、そうもいきません。自己処理をしている場合、やはりそのムダ毛の処理の精度には差が生じてきてしまうのです。

時間がない時には処理が甘くなる

たとえば、あまりその自己処理にかけている時間がない時には、処理も甘くなるでしょう。男性の毛は、女性と比較するとやはり太くて頑固であることが多いです。太くて頑固な毛を処理していかないとならないわけなのですから、当然じっくりと時間をかけて丁寧に処理していかないとなりません。

ですが、時間がない時には、物理的にそれができないわけです。と言う事は当然ながら、処理が甘い箇所が出てきてしまうのです。すね毛などであれば、あまりそうして処理が甘くなるということはないでしょう。処理が雑になることはあるでしょうが、そもそもつるつるにするわけではないことも多いでしょうから、多少処理が甘くても問題はないかもしれません。

しかしこれが髭の場合は、どうでしょうか?髭はやはり見た目の印象を大きく変えてしまいます。なので、処理が甘い状態だと、不潔な人だと思われてしまう可能性もあります。それではやはり仕事にも影響を与えてしまうかもしれません。なので、処理の精度にムラが生じるというのは良くないのです。

剃れなくてムラが生じることもある

時間がなくて処理にムラが生じてしまうということの他にも、そもそも剃ることができなくてムラが生じてしまうということもあります。毛は、剃ったあとしばらくしないと剃れるくらいには生えて来ません。なので、たとえば、前日の夜7時くらいに髭を剃ったとすると、翌日の朝普通に会社に行く前に髭を剃ろうとしても、あまり上手く剃れないことがあるのです。

でも、切り口が太いので、目立つことは目立ちます。だからやっかいなのです。もちろんそれは髭だけではなく、すね毛やわき毛においても同じことだと言えます。そんな状態の毛を無理に剃ろうとしても、やはりムラが生じてきてしまうのです。

処理できない毛が生まれる

自己処理を続けていると、処理できない毛が生まれてくるというリスクもあります。処理できない毛とはたとえば、肌の中から肌の中に向けて生えていくような毛のことです。そうして肌の中から肌の中に向けて生えていくような毛が生まれてしまったら、肌を切って引き抜くようにしないと、その毛を処理することができなくなります。

でもそれにはすごく痛みを伴います。しかも当然それをすれば肌に大きな傷が残るでしょうから、それが得策だとは言えません。後々ソレをしたことを後悔することになる可能性がすごく高いでしょう。もしくは、成長を続けて、それが肌から飛び出ることを期待するという方法もありますが、それにはやはり時間もかかります。

そういう毛はある程度は表面からは見えているものなので、処理しないとすごく目立つ事もあります。でも処理することはできないわけなのですから、どうすることもできないのです。

たくさん生えると困る

そういう毛が、たとえばすね毛のあたりに1本だけ生えてしまうとか、それくらいなのであれば、別に何も気にすることはないでしょう。もちろんそれでも多少は目立ちますが、気にするほどではありません。自然に飛び出てくるまでのんびり待っても良いでしょう。しかしこれが、いろいろな個所に何本も出来てしまっていたらどうなるでしょうか?

髭の辺りにもそういう毛が生まれてしまい、胸の辺りや腕の辺り等、いろいろな個所にそういう毛が生まれてしまうと、やはりどうしても気になってきますし、ソレを見る度自分としてもストレスが溜まるでしょう。

だから、そうならないように、なるべく自己処理は避けるべきなのです。メンズ脱毛サロンで処理をするには確かにある程度の料金はかかりますが、そういう毛が生まれてしまうリスクをかなり軽減できるというだけでも、その料金を支払う価値はあると言えます。

色素沈着する

メンズ脱毛サロンで脱毛しないで自己処理を繰り返していると、色素沈着してしまう可能性も出てきます。たとえば髭をカミソリで剃ることを繰り返していると、次第に肌の表面が削られ、そのダメージで肌が青く色素沈着してしまうことがあるのです。俗にいう青髭とは、こうして生まれていきます。

やはり青髭と言うのは、髭とはまた別の意味ですごく目立ちます。しかもコントなどの影響もあってか、青髭にはすごく不潔感もあるので、できればすぐに治したいと思うものです。ですが、色素沈着と言うのは、なかなか治るものではありません。じっくりと時間をかけて治していかないとならないでしょう。

でも、時間をかけている間にもずっと青いのは目立つままですし、そもそも色素沈着についてアプローチできていても、自己処理をしているままなのであれば、その自己処理のせいでまた改めて色素沈着していき、結果プラスマイナス0になります。それでは色素沈着は治るはずもありません。

こんな風に、あとで色素沈着に対抗しようとしても、自力ではどうしようもなかったりするのです。それならば、そもそも色素沈着にならないように、最初から料金を払ってメンズ脱毛サロンに行くというのが、後悔しない為の一番の得策だと言えますし、むしろその方がコストパフォーマンスは良いと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です