このページの先頭です

メンズ脱毛の施術は痛い?痛みを抑える工夫はあるの?

318views

投稿日:

メンズ脱毛の痛み

メンズ脱毛を受ける時に注意したいのが痛みです。髭やすね毛などムダ毛が濃く、肌表面から骨までの距離が近い部位ほど痛みが強くなりやすいです。

特にクリニックで受けられる医療レーザー脱毛は強い痛みが発生することがありました。ムダ毛が濃いと回数が多くなるため、痛みに耐える回数も増えてしまいます。

痛みを抑える工夫は様々

施設側が行う工夫

サロンやクリニックなど、メンズ脱毛を提供する施設では痛みを抑えるため、様々な工夫を行っています。

専用冷却ジェルの利用

痛みを感じにくくするための専用冷却ジェルを、脱毛する部位に塗布すると言う工夫です。ジェルで肌を冷却すると痛みの感じ方が鈍くなります。

脱毛マシンの冷却機能

最新の脱毛マシンには冷却しながら脱毛を行うための「冷却機能」が付いています。光やレーザー照射で発生した熱を冷却機能ですぐに冷やすことで痛みを和らげる効果を発揮します。ジェルが要らないほど強力な冷却機能が付いている脱毛マシンもあります。

最新の脱毛マシンの導入

大手の脱毛サロンでは、痛みの少ない最新の脱毛マシンを導入しているサロンも多くあります。中にはSHR脱毛マシンを導入するサロンが見られます。SHR脱毛マシンは蓄熱式となっており、少ない熱量で毛包にダメージを与えることが可能です。

クリニックでは吸引システムが付いている脱毛マシンを導入すると言う工夫が見られます。皮膚を吸引し、毛根を近づけることで痛みを少なくしているのです。

麻酔を利用する

麻酔を使用して痛みを緩和させると言う工夫です。これはクリニックで行われており、レーザー照射時の痛みが殆ど無くなります。麻酔クリーム、笑気ガスなどいくつかの麻酔方法があります。

自分でできる工夫

施設側の他にも自分でできる工夫があります。

1つ目は、施術を受ける前に鎮痛剤を飲むと言う工夫です。市販の鎮痛剤にはロキソニンSと言うものがあります。この鎮痛剤にはロキソプロフェンナトリウム水和物と言う痛みの原因物質を抑える解熱鎮痛成分が含まれています。

1回1錠飲むだけで比較的早めに効き目が出ると言う特徴があります。700円ほどの料金で販売されているため、大きな負担にはならないです。ただし服用すると施術ができない薬があるため、鎮痛剤を飲む前に施設側のスタッフに相談して下さい。

2つ目は、紫外線対策を行うと言う工夫です。日焼けすると肌に黒い色のメラニンが増えていきます。このメラニンに光やレーザーが反応すると、痛みが強くなるのです。施術前と施術中は日焼けしないよう、日焼け止めクリームなどで紫外線対策を行って下さい。

3つ目は、保湿ケアを行うと言う工夫です。肌が乾燥すると痛みの感じ方が強くなります。ヒアルロン酸やセラミド、プラセンタ、コラーゲンなど保湿成分配合のローションやクリームなどで保湿ケアを行って下さい。施設でも保湿ケアが受けられるものの、自分でも行った方が良いです。

最後に、痛みは気にし過ぎないようにしましょう。痛みを気にし過ぎると余計に感じることがあります。施術中は他のことを考えて気を紛らわすと良いです。

カフェインの取り過ぎには注意

カフェインには覚醒作用や利尿作用、鎮痛作用など様々な作用があります。鎮痛作用があることからメンズ脱毛の痛みも抑えられるイメージがありました。しかし1日当たり250mg以上の摂取で神経過敏が起きることがあるのです。かえって痛みの感じ方が強くなるため、カフェインの取り過ぎには注意が必要です。

缶コーヒー1本には75mgほどのカフェインが含まれていることがあります。中には1本150mgほど含まれている缶コーヒーもあり、2本飲むだけで神経過敏が起きる目安の摂取量を超えてしまうことがあるのです。髭やすね毛などムダ毛の濃い部位の施術を受ける前はなるべく飲まない方が良いです。

テスト照射を受ける

後で後悔したくないと言う男性におすすめなのがテスト照射です。痛みの程度は施術を受けてみないと分かりません。しかしテスト照射なら事前に痛みの程度が分かるのです。カウンセリング時に無料でテスト照射が受けられる施設が良く見られます。中にはテスト照射を行わない施設もあるため、カウンセリング時に質問してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です